助けてくれた女性に猥褻行為なんて!

酒に酔って動けなくなり、介抱してくれた女子高生に猥褻な行為をしたとして、60歳の男性が逮捕されました。悪いことをしたと一応反省の言葉を述べているようですが、この女子高生は傷つくとともに、男性というものにひどく幻滅したのではないかと思います。動けなくなるくらい酔って体調を悪くしているのに、それでも若い女性が目の前に来れば思わず手が出てしまうなんて最低だと思いました。かくいう私も若かりし頃の忘れられない出来事があります。駅の階段を降りるとき、足を滑らせてしまったことがありました。階段の途中で尻餅をついてしまった私に、「大丈夫?」と言いながら中年のサラリーマンの男性が手を差し伸べてくれましたが、その視線が私の顔でなく、めくれ上がったスカートの奥の方に向けられていました。こんな状況でも男の人ってそういうところ見るんだ・・・と驚いたことを思い出します。この話をいつか知り合いに(男性です)話したところ、「男はどんな状況でもチャンスがあれば見たり触ったりしたいと考えちゃうもの。男の性だから、仕方がないんだよ!」と力説されましたが、全く理解できませんでした。コンビニなどで成人向け雑誌に思わず目が行ってしまうというならまだ理解できますが、チャンスがあれば困っている人を助けるときにスカートの中を見たり、介抱してくれた女性を触るのか!と不快になります。女性には理解できない男性の性とやらがあるのは仕方がないですが、もう少し理性的な振る舞いをしようよと、あの時のサラリーマン男性にも、今回の男性にも言いたいです。

夢を見ました

夢を見ました。黒い服を着ていました。服の夢は、人間関係を暗示しているそうです。黒い服を着ている夢を見たときは、運気の好転を表しているそうです。いい意味で良かったです。そして、昼ごはんを食べました。肉うどんを食べました。鍋で作って食べました。ねぎや玉ねぎも入っていました。そして、日曜日の昼過ぎに放送されているバラエティー番組を見ました。今回は、各界の人からいろいろなことを学ぶコーナーをやっていました。最初は、ファッションについてやっていました。次は、料理についてやっていました。実際に料理を作っていました。そして、景色の映像を放送している番組を見ました。いろいろな景色の映像がありました。そして、バナナを食べました。チョコレートを電子レンジで溶かして、溶かしたチョコレートにバナナをつけて食べました。思っていたよりも美味しかったです。そして、18時過ぎに放送されているアニメを見ました。すごく久しぶりに見ました。

小さいころからお金持ちと結婚したいと思っていました

f73ae096ab12de94a36ed1be193a8564_s

今まで高収入の男性とお付き合いした事があったかというと無いに等しいですが、私は将来必ずお金持ちと結婚する!と常に理想(妄想?)は抱いていました。デートの際は、いい車でお迎えに来てくれてデート代も全て支払ってくれる。
結婚後は一生専業主婦でも大丈夫なくらいで、大きなお家にも住める。こんなのもいいなと思いますし魅力の一つだと思います。ただ私自身の中の本当の高収入の男性の魅力はこんな感じではなくて、高収入だけどお金持ちぶってなくてすごく紳士的な男性に魅力を感じます。一見、身なりも普通で派手な雰囲気も一切無くて、でも実は社長さんみたいな方っているんですよね。
友人のご主人さんがこんな方で羨ましいなといつも思います。お金の使い方もすごく上手で、メリハリがあり、自分の趣味にものめりこまない程度に使っています。こういう男性はやはり器が大きくて包容力があるんです。女性の憧れです。結婚相手ももちろん高収入の方にこした事はないのですが、出会えたとしても私が魅力を感じるような高収入の男性にはなかなか出会えなかったです。人間お金を持ってしまうと変わってしまったり、本来の大事な事を見失ってしまっている方も多いように思うので。だからこそしっかりと自分を持っていて女性を大事にしてくれる、器の大きい高収入男性に魅力を感じてしまうのです。こんな超理想形のお金持ちの男性とは出会う機会なんて滅多にないでしょう。だから下のようなサイトを活用して出会いの機会を増やさないと私の夢はかなわないと思っています。

http://www.ocean-hime.com/
お金持ちと出会いたい※お金持ちと出会える場所とオススメの方法

川崎に独り映画に行って来ました

c13f000ce63692c7147cf65051c4c614_s

週末ももう終わるので川崎の映画館に一人で映画を観に行って来ました。先日公開したばかりのキャプテンアメリカ/シヴィルウォーを予約しておいたのでIMAXのど真ん中で観れました。キャプテンアメリカシリーズはずっと追いかけてるので新作公開がとても嬉しく楽しみにしていましたが期待にばっちり応えてくれる内容でした。とにかくアクションが格好良いです。次の作品に繋がるような終わり方だったのでこれからが楽しみです。ただ映画はとっても満足なんですが映画館が物凄く混んでるのには困りました。小さい子供たちが一杯で入るのも一苦労でした。コナンとズートピアを観に来たみたいで日本はアニメが強いなあと思いました。ちょっと一人客は寂しかったんですが意外に館内に入ると私と同じ一人客の人が結構いてほっとしました。面白い映画は周りの人と一緒にクスクス笑ったり出来るのも良いなと思います。朝から行ってちょうどお昼頃に映画が終わったので駅ビルに入ってるお店で美味しいオムライスを食べ、中々最寄駅ではないような服や靴を見て休暇を堪能しました。あとは明日の母の誕生日の為のケーキとカーネーションを買って帰ろうと思います。毎年母の誕生日にはカーネーションは色を変えているので珍しい色か目を惹くような鮮やかな花が見つかるといいなと思います。

お洗濯が嫌いです

家事の中で一番嫌いなのが洗濯物です。洗って干して回収して服をたたんで片付けて。この作業がとてもめんどくさいと感じます。お料理はおいしいと家族に喜んでもらえるし、お掃除はきれいになるととても気持ちがよくて清々しい気持ちになります。だけど、お洗濯はとても好きになれません。かといってしないわけにもいかないので、毎朝めんどくさいながらもがんばっています。
とくに、たたむのがめんどくさい!だって明日すぐ着るのに。というわけでたたむのが楽しくなる方法を考えました。それは、子供と洗濯物たたむことです。一人でちまちまするのが億劫ならば子供と楽しく家事をすればいいのだと思いつきました。「これと同じ靴下どーれだ」というと、子供が急いで探して「これ!」と見つけてきます。「これは誰の服だ」「パパ!」とクイズを楽しんだりします。子供も乗り気になるので、勢いで洗濯物もたたんでくれます。子供が幼稚園児なので、今は楽しんでしてくれますが、そのうちしてくれなくなるんだろうなぁと感じています。それまでに私も嫌いな洗濯を自然にこなせるように努力したいと思っています。

奈良県の靴下

奈良県の工場で作られている靴下を買いました。いつも履いている靴下よりは、少し高価な靴下です。靴下って、家族以外の人に見られる機会がほとんどないし、家の中では冬でも裸足で過ごしていることが多いので、あまり高価な物を選んだことがありませんでした。評判の靴下みたいなので気になって買ってみたのですが、さっそく履いてみたところ、ものすごく良いです。肌触りが良いのはもちろんですが、一番気に入ったのは、土踏まずの部分が違う編み方にしてあるところです。しっくり履けて、脱ぐのがもったいなくなるような感じです。靴下の履き心地にこんなに違いがあるとは思ってもいなかったので、驚きました。出会えて良かった一品だと思います。ちなみに、奈良県は日本一の靴下生産地だそうです。

娘のママっ子具合

最近娘までもがかなりのママっ子になってきました。今朝は、パパのご飯を作ろうと子供達が寝ているすきにリビングへ行こうとした矢先、娘がパッと起き上がってドアに向かう私を見つけては号泣するのです。行かないでと言わんばかりの目線で泣くのです。結局パパには自分でおにぎりを作ってもらって私は娘のいる寝室へ戻ったわけです。娘は私の肌がどこかに触れていないといけないらしく、離れようとすると泣いて怒ります。結局娘の二度寝に付き合ったため、私も8時まで寝てしまいました。夜も寝る頃になると私がトイレへ入るなり、娘が泣きそうな声を出して私を探します。結局用を足す最中にトイレの鍵を開けて娘を入れてあげるわけですが。お兄ちゃんも結構なママっ子ですが男の子は甘えん坊だよと噂には聞いていたので覚悟はしていましたが、女の子はパパっ子になる子も多いらしいですが、我が家は息子も娘もママっ子です。寝る時はいつも両サイドにピッタリ子供達が引っ付いて私は身動き取れないまま寝ています。